Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

Project Epoc:思考でゲームを操作するヘルメット型コントローラ

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年3月2日, 午後04:00
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


オーストラリアのスタートアップ企業Emotivが開発するヘッドセット型ヒューマン - コンピュータ インターフェイス"Project Epoc"。各種のセンサーで脳の活動を計り「思考によるコントロール」を実現するという技術は単純なスイッチのON/OFFからカーソルの移動といったものまでさまざまな例がありますが、Emotivのすごいところは装着者(プレーヤ)の「表情」「感情」「意志」をリアルタイムで読みとりゲームに反映すると主張していること。

Emotiv社は実際にゲーム開発者向けSDKを開発しており、表情を読み取る"Expressiv"、感情を読み取る"Affectiv"、意識的な思考と意図を読み取る"Cognitiv"の三種を提供するとのこと。ヘッドギア型インタフェイスとこの開発キットを利用すれば、たとえばプレーヤが微笑めばAIキャラクタも笑いかえしたり(あるいは、敵キャラクタに「いま笑ったな?」といって襲われる)、感情によって変化する武器や変身するキャラクター、思考でものを動かすテレキネシス的入力......といったものが可能になる、としています。

まあ仮に宣伝通りに機能するならゲーム用どころではないとんでもない利用価値があるような気がしますが、Emotivでは今年のGDC (Game Developers Conference)に出展してプライベートデモを見せる用意があるとのこと。GDCに出席する予定のあるかたは冷やかしにいってみるといいかもしれません。




CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents