Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

Optimus-103キーボード:設定ツール公開

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年3月5日, 午前07:00
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

すべて(または一部)のキートップが有機ELディスプレイになったOptimus-103キーボードの発売に先がけて、設定ツールOptimus-103 Configuratorのスクリーンショットが公開されました。左にレイアウト一覧、右にプレビューが表示されるかなりシンプルな構成になっています。レイアウトは入力する言語のほかアクティブなアプリケーションごとに設定でき、ctrlやshiftとといったモディファイアでも動的に変更可能。大きい画像はこちら。アプリごとの設定やプラグインをダウンロードする画面など、とりあえず作った感はあるもののしつこく期待を煽ってくれます。

気になる価格は2005年夏には「200~300ドルが目標」、2006年秋には「良い携帯電話程度」、結局中止された103台限定モノクロ先行版の予価は1200ドル(その後の冗談ではディスプレイ廃止で10000ドル)。OLEDの供給先が決定というニュースでのコメントによれば、そろそろ製造費用が確定して価格と予約時期が発表できるはず。ファンクションキーだけ有機EL版ならなんとか買える価格になるかもしれません。




CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents