Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

手書きマウス硯鼠

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年3月28日, 午後09:00
2シェア
0
2
0
0

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


マウスの背中部分に手書きタブレットがついた中国製の「手書きマウス」製品。その名も(画像から判断するに) 「硯鼠」。



黄色い龍に珠というデザインで一目瞭然の中国製であること、メーカーは"Hanwang"らしいこと、これで二代目モデルらしいこと、5色のカラバリがある有線光学マウスということ以外はよく分かりませんが、中国における伝統的な文房四宝の概念、すなわち筆・硯・鼠・タブレットの4つを兼ね備えた製品として高い評価を受けているらしい、などと適当なことを述べておきます。スタイラスの収納位置からして小型ペンタブとマウスがひとつになったという以上の画期的な便利さはなさそうですが、マウスの表面全体がマルチタッチパッドになっているデバイスは面白いかもしれません。






CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

2シェア
0
2
0
0

Sponsored Contents