Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

ジョブズとEMI、本日中にもDRM放棄を発表か

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年4月2日, 午後02:00
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View
本日ロンドンで開かれるEMIのプレスイベントにアップルのスティーブ・ジョブズCEOが出席する理由については、EMIが権利を持つビートルズの楽曲がついにiTunes Storeで提供されるのでは?という推測がされていますが、実はそれどころではない発表になる可能性があります。リンク先Wall Street Journalの記事によると、EMIが明日発表する「エキサイティングな新デジタルサービス」とはDRMを使わないオンライン音楽販売であるとのこと。

傘下の小規模レーベルや限定的なリリースでは前例があるものの、メジャーレーベルが大規模なDRMフリー配信を開始するのは(実現すれば)これが初めて。WSJのソースは「近い筋」となっていますが、すくなくともエイプリルフールではないとしています(記事は4月1日午後付け。)

今年2月にジョブズが発表した「DRM有害無益メッセージ」("Thoughts on Music")には、FairPlayのライセンス公開を求める欧州諸国からは「話を逸らすな」という反応、米レコード協会からはまったく噛み合っていない声明が寄せられていたものの、EMIは以前から全楽曲のDRMフリー販売を複数のオンライン事業者に持ちかけているという噂もあった企業。ジョブズ / アップルがEMIの動きに対して何らかの役割を果たしたのか、あるいはEMIとの協定があって「ジョブズからの手紙」が公開されたのかもしれません。

WSJの報道通り本日中にDRM放棄が発表されるとして、問題はそれが他のメジャーレーベルにも波及するのか、EMIだけの(下手をすると一時的な)実験で終わるのか。再生ハードウェアを選ぶと買える曲の種類まで決まってしまう馬鹿馬鹿しい状況を変えるためにも前者であることを祈ります。発表は現地午後1時から、日本では夜9時から。

0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents