Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

プレイステーション3 20GB版 終了のおしらせ

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年4月12日, 午前07:00
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View


以前からのうわさや小売りレベルでの情報のとおり、SCEAは20GB版 プレイステーション3の販売終了を発表しました。公式な理由は「需要が10:1の割合で60GB版優勢だったから」。すでにSony StyleやBestBuyでは扱いがなくなっています。

ソニー・コンピュータエンタテインメント ・アメリカ・インクのDave Karraker氏のコメントは「発売時にはプレイステーションファン層の多様な要求に応えるため二つのモデルを用意しましたが、販売店からの需要は90%以上が60GB版であり、われわれはそれにあわせて製造・出荷をおこなってきました。販売店・消費者ともに60GB版を求める声が圧倒的であることから、ここ北米では20GB版の提供を終了します。60GBモデルにはより大きいHDD容量のほか内蔵メディアスロットや無線LAN機能が加わっています。販売店および消費者からのフィードバックに基づき、われわれはより人気のある60GB版に注力することを決定しました。」

もともとライバルとの比較上「$499から」と表示するために存在していたモデルという側面もありますが、これで北米のPS3は$599のモデルのみとなり、ライバルXbox 360 プレミアムシステム(20GB HDD)とは+$200、Xbox 360 エリート(120GB HDD)とは+$120ほどの価格差となります。$250で販売されているWiiとは差額$350、2.4台分。格の違いと高級感をアピールするにはちょうどいい価格ではないでしょうか。

気になるのは国内での20GB版のあつかい、存在が発覚した80GB版の予定、あるいは新しい低価格版のうわさ。こちらも続報がありしだいお伝えします。
0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents