Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

Miiアーティスト Atkafighterの世界

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年4月16日, 午後07:00
1シェア
0
0
0
1

連載

注目記事

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

小彩 楓, 4月6日
View

(ロボコップ、カオナシ、スターフォックスのフォックス)。

Miiでパックマン+モンスター」は序章に過ぎなかった!というわけで、Wiiの「似顔絵チャンネル」で作ったキャラクター"Mii"を自慢したり交換するサイトMiiPlaza.netより、Miiアーティスト Atkafighter氏の作品をご紹介。上の三つは単なる似顔絵といえる平凡な作品ですが、だんだん大変なことになってくる作例は続きを読む以下。



似「顔」ではなくなってくるゲームキャラクターシリーズ。左からカービィ、ジャンピングフラッシュ、そのジャンプ中。




冷静に見ると相当怖い正面パックマン、プーカァ(苦痛)、もはやキャラクターですらないAボタン。




そして狂気の次元へ。左からブロック崩し・バルーンファイト・パンチアウトのゲーム画面シリーズ。

リンク先では実在の人物からフィクションのキャラクター、単なる静物スケッチからゲーム画面シリーズまで数百作品が鑑賞できます。あなたのWiiに現れた意味不明なMiiもよくよく見ればAtkafighter作品かもしれません。ぜひWii友になって自分のWiiでもパレードして欲しい!というユーザが殺到したためか、残念ながらアドレス帳がいっぱいでWii番号の交換には応じていないとのこと。

[via Joystiq]





CAREERS TechCrunch Japan
連載:話題の企業タイミーのデータアナリティクスマネージャーに聞くスタートアップへの転職


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。
1シェア
0
0
0
1

Sponsored Contents