Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

パナソニックの全長7メートル・ふわふわ暖房器具

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年5月3日, 午前06:00
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


この得体の知れないふわふわ尻尾状の物体は、パナソニックデザイン社がTOKYO FIBER '07 SENSEWARE展に出品していたまったく新しい電気暖房器具。フェイクファーで覆われた長いマフラーというかカーペットのようなもので、ホットカーペットのように電気をつかった暖房として機能します。全長は短いバージョンが1.5メートル、長い方は7メートル。

いまだ開発中・特許出願中とのことで詳細は不明ながら、SENSEWAREの紹介文によれば「触り心地もスイッチの感触もすこぶる良い」。使用者が触っている付近だけが暖かくなる仕組みも使われているようです。

製品化の予定はいまところ不明。かたちからして電源コードをほとんど意識しなくてよいところ、面状の布と違って使い方自由なところなどなかなか面白いデザインです。あとはPhilipsのふわふわディスプレイ技術を搭載してアンビエントなお知らせデバイスになったり、動力を内蔵して自律移動したり、放電機能とセンサーを搭載して侵入者に襲いかかる防犯機能といった展開にも期待です。

[本家Engadget]






CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents