Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

Palmのジェフ・ホーキンス、「第三のモバイル」製品をまもなく発表?

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年5月28日, 午前12:00
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


Palmではハンドヘルドコンピュータを初めて商業的に成功させたPalm Pilotを世に送り、Handspring(現Palm)では人気スマートフォンTreoを作ったジェフ・ホーキンスが、まもなくあらたなカテゴリの製品を発表する(のではないか)という噂がでています。

ホーキンスの「第三のモバイルコンピューティングデバイス」は二年ほど前から「開発中である」とだけ明かされていたもので、PDA ・ スマートフォンに続く(Palmにとって)新しいカテゴリでありモバイル機器であるという以外コードネームすら分かっていない謎の製品。一部では勝手に"Hawk"と呼ばれたりもします。

2005年の記事からホーキンス自身の言葉を引けば、「例えれば、Palmのビジネスのひとつは成熟した45歳、もうひとつは10代の若者。もうひとつ(未発表)はまだほんの子供」。「モバイルコンピューティングはパーソナルコンピューティングだと常に考えてきた」。「誰もがポケットの中に高速なインターネット接続と数十ギガものストレージ、超高速なプロセッサ、オーディオ、ビジュアル、マルチメディアを持てるようになったとしたらどうなるか?」。「あたらしいデバイスについては喋れないが、(PDAからスマートフォンとおなじく) モバイルコンピューティングの当然の流れに沿ったものになる」。

というわけで、大方の予想ではスマートフォンより大きいUMPC的な製品、あるいは現行UMPCより小さめなタブレット系でパーソナルコンピュータとして充分な機能を備えたものではないかといわれています。搭載されるOSは先月発表されたLinuxベースの独自OSでは?とも。(上はソニーVAIO type UにPalm画面をはめ込んだ捏造図。)

発表の場(だとといいな)と考えられているのは米国で29日から開催される"D"カンファレンス。実はホーキンスの「本当の専門分野」である脳・神経理論を応用した人工知能ロボ(歩いてついてくるモバイル)だったら楽しそうです。

[本家Engadget]

広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents