Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

Mac OS X Leopard:10の新機能

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年6月12日, 午前05:01
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

人気記事

次期iPhoneの廉価版は550ドルからの低価格に? デュアルSIM版も登場とのウワサ

次期iPhoneの廉価版は550ドルからの低価格に? デュアルSIM版も登場とのウワサ

Kiyoshi Tane, 21 時間前
View


ジョブズのキーノートで発表された「Leopard 10の新機能」。ジョブズいわく「300以上の新機能のなかから」あげられた代表的な機能は:

1. 新デスクトップ

さらに透過を多用した新メニューバー&新ドック、デスクトップを散らかさずにすばやくアクセスできる"Stacks"。デモされたのはダウンロードしたファイルをひとまとめにしてドックからすばやくブラウズ・アクセスできるスタック。

2. 新ファインダー

FinderがiTunesと同様のインタフェイスに。ファイルの巨大サムネイル / プレビューとしてカバーフローまで採用。iTunesではライブラリやiPod、iTunes Storeがあったサイドバーにドライブ・デバイス・ネットワーク上のマシンが並び、スマートプレイリストならぬスマートフォルダを設定可能。特定の条件にそったアイテムにすばやくアクセス。さらに.Macと連携した"Back to my Mac"サービスはローカルのIPアドレスを.Mac側に通知、リモートアクセスして出先から自宅のファイルにアクセスできる。

3. Quick Look

強力なファイルプレビュー機能。アプリケーションを起動することなくファイルの中身をブラウズ可能。ほとんどの代表的な形式に対応するほか、プラグインで対応フォーマットを追加できる。

続きます。


4. 上から下まで64bit化

核だけでなくCocoaレベルまで64bitネイティブ化。32bitアプリと64bitアプリが仲良く作動。

5. Core Animation

これも去年のWWDCで発表されていたとおり。アプリから簡単に利用できる強力なアニメーション。GPUアクセラレーションが効くUIを少ないコードで書ける。

6. Boot Camp

新機能というかなんというか。Leopardには標準搭載。

7. Spaces

バーチャルデスクトップ。これも去年からそのまま。

8. ダッシュボード

特に目新しいところはなし。ウェブを切りとってそのままウィジェット化するweb clipなど。

9. iChat

新しいAACコーデックで高音質化、複数チャットセッションのタブ管理、PhotoBoothの各種エフェクト。iChatあいてにムービーやプレゼンをそのままストリーミングで見せられるiChat シアターはQuick Lookに対応したすべてのフォーマットで可能。

10. Time Machine

(例の手振りと一緒に)。分かっていても誰もやらない世代バックアップを簡単に。特定ファイルからMac全体リストアまで。これもCore Animationの派手な(そして分かりやすい)GUIつき。リストアする前にQuick Lookでプレビューも可能。


というわけで、サプライズという意味で「新」機能はさすがにあまりないものの、たしかに先進的かつ魅力的な機能満載となっています。「iPhoneに集中するため」延期されたLeopardは10月発売(予定)、価格は$129。LeopardはすべてUltimate版です。

0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents