Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

iPhone nanoは年内登場?

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年7月10日, 午前09:00 in Apple
3シェア
0
3
0
0

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View


アップルがiPhoneの廉価版「iPhone nano」的な端末を用意しているらしい、という噂の続報。電話としては比較的高価なiPhoneに飛びつく層が一巡したらさらなる普及のために廉価版を投入、という誰でも思いつく予測に加えて、American Technology ResearchのアナリストShaw Wu氏は実際にプロトタイプの存在について情報を持っていると主張していました。

JPモルガンのアナリストKevin Chang氏が先日公表したリポートによると、廉価版のiPhoneは今年第4四半期にも登場すると考えられるとのこと。ソースは匿名のサプライ関係者およびアップルの申請した特許・商標類。面白いのは廉価で機能が制限された「位置づけとしてnano」版というだけではなく、実際にiPod nanoをベースにした端末になると予測していること。

そのほかの予測はiPod nanoとおなじタッチホイールを備える、iPhoneよりかなり機能が制限される、価格は$300以下、など。「nanoベース」「nanoに携帯電話機能を持たせた製品」とされるものの、現行iPod nanoと比較してどの程度のサイズになるのかはよく分かりません。


一方、Piper JaffrayのアナリストGene Munster氏によれば、iPhoneから電話機能を抜いたようなワイド画面タッチスクリーンの新iPodもこれまた年内に登場する(に違いない)とのこと。ジョブズ総帥の社内向け演説でOS X搭載iPodが間接的に言及された(らしい)という話もあり、iPhoneがいつになるか分からない地域ではこちらのほうが注目かもしれません。

関連キーワード: apple, iphone, iphone nano, IphoneNano, rumor
3シェア
0
3
0
0

Sponsored Contents