Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

タッチスクリーンの次世代iPodは8月登場?説

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年7月11日, 午後10:00
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View
当たるもDigiTimes、当たらぬもDigiTimes。というわけで、秋とも年内とも年度内とも来年とも噂される次世代iPodについて、台湾の業界紙DはiPhoneに似たタッチスクリーンデバイスとして今年8月に登場という証言を掲載しています。ソースは匿名の上流サプライヤ。

具体的には、台湾Wintekが新iPodのタッチパネル供給者に選ばれた(と匿名の関係筋が言ってた)というもの。仮に本当だとしても契約上公言できないはずのWintekは当然コメントを拒否しています。

関連ニュースとしては、台湾TrendON Touch Technology / TPK Holdingsが独BaldaにITOコートガラスを供給というものもあります。ITO(酸化インジウムスズ)はタッチスクリーンに使われる透明な電極材料。BaldaはiPhoneに使用されている部品でもっとも高価である(と考えられる)タッチスクリーンの技術を提供する(と考えられている)企業です。

ジョブズ総帥いわく「史上最高のiPod」らしいiPhoneが登場しても別に6G iPodが登場するのは当然、おそらくOS Xとタッチパネル装備の電話抜き(無線入り?) iPhone的なものになるとして、来月とはかなりめずらしい予測。一般には3G iPhoneより後、1月のMacworldあたりで発表というのが無難な線と考えられているようです。




CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents