Sponsored Contents

crackの最新記事

Image credit:
Save

FairUse4WM v1.3 Fix2公開:Vista対応、Zune DRMも解除

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年7月16日, 午前11:00 in Crack
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View

人気記事

任天堂の新スマホRPG『ドラガリアロスト』夏配信、事前登録受付中。Cygamesと共同開発

任天堂の新スマホRPG『ドラガリアロスト』夏配信、事前登録受付中。Cygamesと共同開発

Ittousai, 1 時間前
View

数カ月の沈黙を破って「あの人物」が再び活動を開始した、のか別の後継者が現れたのかは不明ながら、各社の定額制音楽ダウンロードや動画サービスで使われるWindows Media DRMを解除するツールFairUse4WMの最新版が公開されました。

アップデート内容としては現時点で最新のIBX(Windows Media DRMのコンポーネントのひとつ)に対応、Windows Vista上やZune Marketplaceで購入した楽曲の制限も解除できると謳っています。

さて、FairUse4WMといえばハッカーViodentiaによる発表、マイクロソフトの対応、3日も経たずにまたクラックといった騒ぎで有名なツール。作者本人が語るクラックの手法や動機、マイクロソフトへの提言は「Engadgetインタビュー:WindowsのDRMを破ったクラッカーViodentia」をごらんください。

いたちごっこに業を煮やしたマイクロソフトは別の手段で作者を追い詰めようと被疑者不詳のまま「ソースコードの著作権侵害」を連邦地裁に訴えたものの(2006年9月)、身元を掴むことができず後に断念した(2007年4月)という展開がありました。今回の最新版をDoom9に投稿した人物が名乗っているのは"Divine Tao"。本人が言葉遊びをしているのか、Viodentiaをほのめかす別人の仕業なのかはいまのところ不明です。

プログラムそのものについていえば、現在サポートしているのはIBXバージョン11.0.6000.6324まで。IBXってなんだ?という方はそもそも使わないしアップデートもしていないような気もしますが、公開時点で最新の(でもすぐにマイクロソフトが更新しそうな) IBXに対応した以外に動画の乱れるバグが修正されているとのこと。転んでも泣かない学究精神旺盛な方はそれなりにご活用ください。
0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents