Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

Moller M200G 自家用空飛ぶ円盤 生産開始

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年7月23日, 午前08:00 in Moller
5シェア
0
4
0
1

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View


空飛ぶ車スカイカーM400 (4億円)のメーカーMoller Internationalから、UFO型の自家用飛行マシンM200G volantorの生産開始が発表されました。M200Gは定員二人の小型GEV (Ground Effect Vehicle)、いわゆるホバークラフト的な乗物で、8基の「Rotapower」エンジンにより最大高度約3メートル、最大速度約80km/時であらゆる地形の上を飛行可能(と、メーカーは主張)。飛行実験の動画は「続きを読む」にあります。

スケジュールとしてはすでに最初の6台の生産が開始されている(らしい)ものの、量産化の計画や予定は不明。価格はエンジンの量産効果に大きく依存するため「安ければ」$9000、約1100万円から。Moller社は「戦略パートナー」との提携により各社にRotapowerエンジンの採用を働きかけ量産を目指したい考え。

元祖スカイカーM400といえば、ヒモつきの飛行試験でわずかに浮上した一台限りプロトタイプは何度かオークションにかけられているものの、いずれも最低価格350万ドルに届かず結局売れていないようです。

5シェア
0
4
0
1

Sponsored Contents