Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

磁気浮上キーボード

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年7月30日, 午前10:00 in Embotech
48シェア
3
43
0
2

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

韓国EMBOTECが開発した「磁気浮上キーボード」。メンブレン(ゴム)やスプリングではなくキーと基部に取り付けられた永久磁石の反発力でキーを保持するという仕掛け。 同社によれば長期の使用でも摩耗や疲労でキータッチが変わることなく、また業務用やゲーマーにも向いた高速なレスポンス時間が得られる、とのこと。

写真をみたかぎりではスイッチそのものがどんな構造になっているか分からないところ、最初は弱くて押し込むと強くなる反発力などどうかと思う点もあるものの、実際の打鍵感はちょっと気になります。韓国では今年後半に登場予定。価格は不明ながら、冷蔵庫やホワイトボードにくっつけるキートップ型マグネットが数十個セットと思えばなんとなくお得感がしてきます。




CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

48シェア
3
43
0
2

Sponsored Contents