Sponsored Contents

input devicesの最新記事

Image credit:
Save

マイクロソフト SideWinder 液晶画面つきゲーマーマウス

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年8月22日, 午後11:00 in Input Devices
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

2018年の新型iPhone、いよいよカウントダウン?EECデータベースに新たな登録

2018年の新型iPhone、いよいよカウントダウン?EECデータベースに新たな登録

Kiyoshi Tane, 18 時間前
View

ライプチヒで開催中のGames Conventionにて、マイクロソフトがゲーム用入力機器の「サイドワインダー」ブランドの復活を発表しました。第一弾として登場するのは、ゲーム用マウスとして世界初という液晶画面を搭載したSideWinder Mouse。

プレスリリースいわく「マウスというカテゴリをカスタマイズ可能なゲーミングシステムに昇華させる」というサイドワインダーは2000DPI レーザーセンサ採用の有線式。側面に搭載した小さな液晶では現在のDPIやマクロ記録のステップといった情報を表示できます。

カスタマイズ機能は他社でも取り入れているウェイトカートリッジの入れ替えで重さ調節、さらに三セットの「feet」(ソール)から好みの滑り具合を選ぶことが可能。また有線式ながら「ケーブルアンカー」と称するケーブルマネジメント台を備え、「有線式の接続スピードを持ちながら無線マウスのような感覚」。ケーブルアンカーはあまりのウェイトカートリッジなどアクセサリ収納ボックスも兼用する仕組み。

マウスとしてはホイールが幅広の金属製になり、サイドボタンが縦に並んで突き出ているのが特徴。前後に並んでいるサイドボタンでありがちな誤入力を避けるデザインとのこと。

米国での発売は2007年10月、市場想定価格は$79.95。Logitechの最新鋭ゲーミンググレードマウスG9もちょっとどうかと思う大胆なデザインでしたが、側面にボルトを打ち込まれているようなサイドワインダーマウスもなかなか負けていません。

0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents