Sponsored Contents

入力機器の最新記事

Image credit:
Save

アップルの新特許は圧力式タッチパッド

kentaro
2007年10月7日, 午前01:23 in 入力機器
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


いまやタッチスクリーンに公然と力を注いでいるアップルですが、またしても興味深い関連特許が公開になりました。iPhone、iPod Touch で使われているタッチスクリーンは静電容量を計測して指先位置を検出しており、指からかかる圧力は計測していません。この特許はバネとなる膜を二つの電極面で挟み、力がかかると電極同士が近接し、力が緩むとバネの力で再び離される、という原理で圧力を検出するもので、おそらくは画面上の複数箇所の圧力を同時に計測することを目的としています。蒲田工業タクタイルセンサに原理的には近いものと思われます。

アップルによれば「力による入力は電子機器の操作のための新しい次元として有用となるだろう」とのこと。指先でスクリーン上の位置をタッチしてから、さらにもう一段押し込むといった操作を想定しているものと思われます。同様のアイディアはすでにソニーコンピュータサイエンス研究所の暦本純一氏が手がけた「PreSense」に見られますが、こちらは圧力センサはタッチパッド面全体にかかる圧力のみ計測するものでした。

かつては1ボタンマウスを固持していたアップルがここまで多種多様な入力デバイスの開発を試みるようになるとは、年はとるもんですなぁ(ジョブスが)。

追記: 1ボタンマウスに固執していたのはジェフ・ラスキンの方で、むしろジョブズは3ボタンマウスの導入に積極的だったというエピソードもあるということでした。lynmock さんの御指摘に感謝。




CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents