Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

「ダイハード4.0」DVD、携帯プレーヤに転送可能なコピーを同梱

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年10月18日, 午後07:00
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View


Hollywood Reporterの記事によると、11月に発売される『Live Free or Die Hard』 (ダイ・ハード4.0)のDVDには本編のコンピュータ用ファイルが付属しており、PCやポータブルプレーヤなどに転送して視聴できるとのこと。DVDプレーヤ以外の機器で見られる / 転送できる方法が用意されたDVDとしてはハリーポッターの新作が「ダウンロード可能なデジタルファイル」2編を同梱すると発表されていますが、そちらは12月発売のためダイハードが「業界初」となります(いずれも米国版)。

具体的には特典映像の入ったDisc 2をPCに挿入すると転送メニューが現れ、DVDケース内にあるシリアルナンバーを入力することでPCやポータブルプレーヤといった機器にコピーできるという方式。ファイル形式や対応プレーヤについては、リンク先によれば「DRMフリーのこの機能はWindows PCまたは"PlaysForSure"対応プレーヤで再生可能」。形式はWMVとして、DRMフリーかつ"PlaysForSure"(つまりWindows Media DRM対応)機器限定という表現はちょっと意味不明です(WMVで転送回数や視聴回数・期間の制限がないという意味かも)。

誰でも手軽に転送できる手段を用意しておくのは、客が「DVD コピー 方法」で検索してリッピングや再エンコードやP2Pで本編ダウンロードといった知恵を付けてしまう事態の予防措置としては有効かもしれません。今のところリッピングが面倒なBlu-rayやHD DVDにこそ付けて欲しい機能です。

[本家Engadget]



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0

Sponsored Contents