Sponsored Contents

cyber-shotの最新記事

Image credit:
Save

ソニーCyber-shot T2:内蔵4GBメモリ+タッチスクリーン+アルバムデジカメ

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年10月24日, 午後02:00 in Cyber-Shot
1シェア
0
1
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View


サイバーショットの新モデルはタッチスクリーン操作のDSC-T2。86.8×56.8×20.2mmで約156グラムのフルフラットな本体に有効810万画素の1/2.5型CCD ・ 光学三倍ズームレンズ・ 2.7インチ液晶モニターを搭載します。特徴はメモリースティックスロットのほか本体に4GBのフラッシュメモリを内蔵、既存のフォトライブラリや撮影した写真の省サイズコピーを保存して約4万枚の写真を持ち歩けるデジタルアルバム機能を持つこと。

本体に保存した写真は通常のサムネイル表示のほかカレンダー表示、アルバムリスト表示、あらかじめ登録したお気に入りリスト表示(6フォルダまで)といった分類表示が可能。タッチスクリーンを活かしたペイントやデコレーション機能、また内蔵メモリーに記録された写真をボタンひとつで背景つきアルバム画面に演出してみられる「スクラップブック」機能も搭載します。

またウェブへのアップロードを支援する機能の充実も今回の趣向。カメラ本体にフォトブラウザソフト「Picture Motion Browser ポータブル」が内蔵されており、USBケーブルでPCに接続すればカメラ本体で「シェアマーク」を付けておいた写真を、あらかじめ設定したSNSや写真共有サイトなど用に自動リサイズして簡単にアップロードできます。

そのほか顔認識&笑顔認識のスマイルシャッター、光学手ブレ補正にISO3200の高感度、別売のクレードルでHD外部映像出力といったあたりは最新のサイバーショット標準。カメラとしての基本機能はリンク先を参照してください。カラーバリエーションは黒白緑+ソニースタイル限定のブルーとピンクの計五色。発売は11月22日、市場推定価格4万3000円くらい。














「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: cyber-shot, dsc-t2, sony
1シェア
0
1
0

Sponsored Contents