Sponsored Contents

ebookの最新記事

Image credit:
Save

Polymer Vision、巻けるディスプレイの量産を開始

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年12月20日, 午前06:00 in Ebook
1シェア
0
0
0
1

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


巻いて収納できるディスプレイ搭載のモバイル端末ReadiusをデモしていたPolymer Visionが、巻けるディスプレイの生産開始を発表しました。Polymer Visionは蘭ロイヤル・フィリップスからスピンオフした「巻けるディスプレイ企業」。今回の発表は10月に買収したInnos社の生産設備により自社で量産が可能になったという内容です。曲げられるディスプレイの試作品は各社からよく発表されますが、"Rollable"ディスプレイの本格的な生産設備を整え量産体制に入ったのは同社いわく世界初とのこと。

最初の製品となるReadiusは畳んだ状態で長さ10センチ・幅5センチ・厚さ2センチほどの本体に、展開すると対角5インチになるディスプレイを搭載した端末。AmazonのKindleとおなじく3Gデータ通信機能を内蔵しており、ニュースやメール、電子書籍といったコンテンツにどこでもアクセスできるのが特長です。登場は意外と早く、年内にも出荷開始とされています(一般消費者への出荷なのか、Readiusを販売するというテレコム・イタリアへの納品なのかは不明)。同社ではポケットサイズで大画面を実現する巻き取りディスプレイデバイスをReadius以外にも展開してゆくとのこと。




CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: ebook, polymer vision, PolymerVision, readius
1シェア
0
0
0
1

Sponsored Contents