Sponsored Contents

gigabeatの最新記事

Image credit:
Save

東芝gigabeat T802 公衆無線LAN&Gyaoのストリーミング再生に対応

Ittousai, @Ittousai_ej
2008年2月7日, 午後04:41 in Gigabeat
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


東芝の無線LAN対応gigabeatに新モデルT802が登場、各社の公衆無線LANサービスとGyaoのストリーミング視聴に対応しました。ハードウェア的には厚さ9.9mmのカードサイズに2.4インチQVGA画面と現行のWiFi gigabeat T401同等のまま、T802は内蔵フラッシュメモリ容量が8GBになっています。また、T401にも802相当の機能を追加するソフトウェアアップデートが提供されます。

注目のGyao対応は2月15日から8月7日まで「GyaO for gigabeat 体験キャンペーン」を実施。スタート画面から「Gyao」を選択することでgigabeat用にエンコードされた無料のGyaoコンテンツが視聴できるというもの。コンテンツ数は開始時に9ジャンル約90本、6月中旬には600本以上に拡大する見込み。

もうひとつのアップデート点である公衆無線LAN対応では、ソフトバンクのBBモバイルポイント、NTTコムのホットスポット、ドコモのMzone, mopera U (公衆無線LANコース)、FREESPOTの各サービスに対応します。また従来から対応していたポッドキャストは音声に加えて動画入りポッドキャストも見られるようになりました(ただしWMVのみ)。

これまで無線LAN gigabeatはせっかく802.11b/gを内蔵していながら基本的にポッドキャストのダウンロードにしか使えない激しい持ち腐れ感を漂わせていましたが(といってもZuneのように「ソーシャル」な機能を載せたところでgigabeatユーザー同士が集まる状況はあまり想像できませんが)、いきなりのGyao対応は魅力的なアップデートです。ただ製品ページ末尾近くの注意書きによると、「※13: 「GyaO for gigabeat」の動画配信サービスは、期間限定となります」。発売は2月15日から、shop1048価格は2万9800円。

広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: gigabeat, gigabeat T802, GigabeatT802, gyao, toshiba
0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents