Sponsored Contents

art lebedevの最新記事

Image credit:
Save

Optimus Maximusキーボード:届いた

Ittousai, @Ittousai_ej
2008年2月25日, 午前06:38 in Art Lebedev
3シェア
0
3
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


過去数年に渡って話題を集めてきたArt Lebedevの有機ELディスプレイキーボード Optimus Maximusの実機がついにEngadgetに届きました。発表当時のインタビューでは「2006年内には2、300ドル程度で」登場とされつつ結局は2008年2月に約20万円になったものの、ヴェイパーハードウェアと呼ばれつつなんとか本物の製品が完成しました。

年末から今までの最後の延期要因はファームウェア関連だったため、実物の印象は昨年末のイベントや今年のCES動画リポートからほぼ変わらず。ディスプレイキーは非常に明るく鮮明。ハードウェアとしての作りもかなりしっかり、というよりずっしりしています。小さなディスプレイが大量に集まったデバイスとして眺めたり、Shift / Ctrl / CAPSといったモディファイアを押して変化を楽しむ本来(?)の目的には文句のない出来です。パッケージや実機のギャラリーは下のサムネイルから。

だけで終わるわけにもいかないため一応触れておくと、これまでの実機に触れる機会でもたびたび報告があったように、大量の文章を軽やかに高速入力する目的にはまったく向きません。つまりキータッチはかなり厳しいといいますか、2cm x 2cmの巨大キー全体を押し込む構造のためかキーボードのキーにしてはかなり重い、あるいは軽いスイッチを押している状態です。またEnterやSpaceは通常キーよりさらに重いタッチ。メカニカルでカチカチいう鍵盤が好みの方ならまったく問題ないかもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

3シェア
0
3
0

Sponsored Contents