Sponsored Contents

rollyの最新記事

Image credit:
Save

ソニー Rollyに新色ブラック、三色の着せ替えアーム

Ittousai, @Ittousai_ej
2008年3月31日, 午後02:31 in Rolly
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事



先日は米国FCC入りしていたソニーの「サウンドエンターテインメントプレーヤー」Rollyに新色が登場します。4月19日に国内で発売されるのは本体色ブラックのSEP-10BT(B)。また衝撃を受けてもすぐ外れる構造になっている「アーム」(左右のパタパタするところ)にはブルー / レッド / シルバーの三色が着せ替え用に追加されます。

また新色と着せ替えアームの発売を控えた4月17日には、ローリーのモーションデータを共有するサイト「"Rolly"モーションパーク」のリニューアルも予定されています。内容はサイトの使い勝手の向上、オフィシャルモーションの無償配布、他企業とコラボレーションしたサウンドとモーション「バラエティモーション」の配布など。「バラエティモーション」(予定)として挙がっているのは:
  • "Rolly"× 藤崎マーケット 「ラララライモーション」(4月17日より提供予定)
  • "Rolly"× 上野動物園「動物モーション」(4月17日より提供予定)
  • "Rolly"× 秘密結社 鷹の爪「鷹の爪モーション」(6月提供予定)
ディスコディスコー!」の公式音源&モーション配布にも期待したいところです。国外版はストレージが2GB・SonicStage不要という仕様である一方、国内で販売されるブラックモデルは従来の国内版と変わらず容量1GB・わぁいATRACも聴けちゃう!版。価格は本体が約4万円、着せ替えアームは各1500円前後となっています。

発売当初の一時期こそ斬新すぎて「どうすんだコレ」的な扱いもあったRollyですが、世界進出・カラーバリエーション展開・着せ替えパーツまで販売となれば世の趨勢が「くるくるパカパカに4万円」の方向へと向かっていることは誰の目にも明らか。新色登場で「一家に一台Rolly」から「BTウォークマンを買ったら1台、携帯電話がBT対応していたらもう一台」とますます普及が進みそうです。(連続で踊りっぱなしモードの追加もお願いします)。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: rolly, sony
0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents