Sponsored Contents

googleの最新記事

Image credit:
Save

Google創業者セルゲイ・ブリン、自費で宇宙ステーションツアーへ

Ittousai, @Ittousai_ej
2008年6月12日, 午前04:22 in Google
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View


民間宇宙旅行をお膳立てする企業Space Advanturesの発表によると、Googleの創業者セルゲイ・ブリン氏が宇宙旅行予約プログラムに500万ドルを出資、将来の地球周回軌道ミッションに参加する権利を獲得したとのこと。スペースアドベンチャーズ社はこれまで米国の実業家デニス・チトー氏(2001年)、Ubuntuのマーク・シャトルワース氏(2002年)など数名を宇宙に送ってきましたが、新たに発表されたOrbital Mission Explorers Circleは出資つまり手付け金を支払うことで将来の地球周回軌道ミッションに参加できる、あるいは参加する権利を転売もできるというもの。

またNY Timesによれば、ブリン氏が参加する可能性があるのは2011年に予定されている、ロシアのソユーズ宇宙船からISS (国際宇宙ステーション)へのミッション。チトー氏やシャトルワース氏の場合はソユーズの定員三名のうち一人としてロシアの正式なミッションに参加させてもらう形式でしたが、SA社は2011年に民間宇宙旅行のための「貸し切り」ミッションを計画しており、ブリン氏はその際に搭乗できる民間人二人のうちひとりとなる(オプションを購入した)と考えられています。

ブリン氏のコメントは「わたしは宇宙というフロンティアの探索と商業的開発を強く支持しており、宇宙へ行ける可能性に期待しています」。同プログラムで優先権を持つ「Founding Explorer」として設定されている枠はブリン氏を含めて6名。とりあえず500万ドルは払える、本決まりになったら全額も出せないことはない(シャトルワース氏ほかの場合は2000万ドルくらい)、サブオービタルじゃなくてちゃんと地球周回飛行に行きたいという方は加入してみてはいかがでしょうか。

[Via Gear Diary]

Read - NYTimes記事
Read - Space Advanturesプレスリリース



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0

Sponsored Contents