Sponsored Contents

breaking newsの最新記事

Image credit:
Save

トヨタ、パーソナル移動支援ロボット「Winglet」を発表

Ittousai, @Ittousai_ej
2008年8月1日, 午後07:11 in Breaking News
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事



バイオリン演奏ロボや自律移動できる座り乗りロボMOBIROなど「パートナーロボット」に取り組んできたトヨタから、「パーソナル移動支援ロボット」ことWinglet (ウィングレット)が発表されました。立ち乗りして重心移動で前後左右に操作する電動オートバランス2輪スクーターといったもので、ひと言でいえばセグウェイ的な乗り物です。

上部のステアリングユニットの交換によりType S・M・Lの3バリエーションがあり、セグウェイのようなつかまり乗りから両手放し状態の「スポーティーな走行」まで可能となっています。最高巡航速度は6km / 時、航続距離はType Sは5km、MとLは10km。バッテリーの満充電までは1時間。本体は投影面積がA3サイズ(265 x 464mm) ・ 重さ9.9kg (Type S) ・12.3kg (Type M・L)。

今後は2008年秋にセントレア空港やマリンリゾート施設ラグーナ蒲郡で移動手段としての実用性トライアルを、2009年にはショッピングモールのトレッサ横浜で人混みでの使用性や他者にあたえる心理的影響を検証するトライアルがおこなわれる予定。「パートナーロボット」の実用化・製品化は「2010年代の早い段階」が目標とされています。インテリジェントな重心制御のほかどのような「ロボット」的機能があるのかはよく分かりませんが、トヨタなら日本でもセグウェイ的な何かに乗れるようにしてくれるかもしれません。
0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents