Sponsored Contents

input deviceの最新記事

Image credit:
Save

おしりで操作する椅子型トラックボール Backball

Ittousai, @Ittousai_ej
2008年8月7日, 午後12:18 in Input Device
2シェア
0
2
0
0

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


Backballは韓国系ドイツ人デザイナーMartin Kim氏が製作した座れるポインティングデバイス。見た目そのまま巨大なトラックボールのようなもので、椅子として座りつつ下半身をもぞもぞと動かすことで操作します。からだ全体で操作するマシン・ボディインターフェースとしてテクノロジーと身体性を云々系のコンセプトアートもしくは冗談のようなものではないかと(勝手に)想像しますが、解説によれば「空港や駅など公共スペース」での使用を想定して作られたもの。よく分かりませんが、キーボードとマウスもしくはトラックパッド / ポイントの組合せにさらに2軸を加えるデバイスとして、あるいは腰のあたりが鍛えられそうなゲームコントローラとしてなら意味がありそうです。続きは使用中と思われる写真一枚。






CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: input device, InputDevice, trackball
2シェア
0
2
0
0

Sponsored Contents