Sponsored Contents

dellの最新記事

Image credit:
Save

Dell Latitude Eシリーズ発表、インスタント起動環境Latitude ON採用

Ittousai, @Ittousai_ej
2008年8月13日, 午後02:09 in Dell
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事


ミニノートのDell Eが来るかも?と思われたデルのプレスカンファレンスは企業向けの新Latitude Eシリーズ、およびPrecisionの新製品発表でした。Latitude EのラインナップはDELL法人向けPCで史上最軽量 2.2ポンド(約1kg)の12インチウルトラポータブル E4200 (写真)、約1.5kgで光学ドライブも搭載できる13.3インチ E4300、必要十分系の14.1インチ / 15.4インチのE5400 / E5500、高性能・多機能なメインストリームE6400 / E6500。

共通するのはDisplayPortやeSATAポートといった先進的なI/Fを標準搭載すること、802.11nや内蔵WWAN、UWB、Bluetooth 2.1、一部モデル除いてWiMAXなど豊富な無線オプション、指紋リーダや非接触スマートカードリーダ、ハードウェアHDD暗号化などセキュリティ機能、「デルらしからぬ」という言い方さえ過去のものにする精悍なデザインなど。また多くのモデルでバックライトキーボードや内蔵GPSも選択できます。5000 / 6000系はタッチパッドとトラックポイントのデュアルポインタを採用。

またウルトラポータブルのE4200 (12インチ) / E4300 (13.3インチ)では、メインOSつまりWindowsやUbuntuを起動せずにメールや連絡先、カレンダー、ドキュメントの参照およびインターネットアプリが使用できるインスタント起動アプリ Latitude ONが提供されます。AsusやHP / Voodoo PCなどで利用されているSplashTopに似た(でも異なる) 組み込みLinuxベースの環境で、専用の低電圧プロセッサとOSを用いるため数日間のバッテリー運用が可能。こちらは一般向けPCでの採用も期待したくなります。各機種の価格や米国での発売時期はリンク先へ。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: dell, latitude
0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents