Sponsored Contents

eee pcの最新記事

Image credit:
Save

動画:Windows 7の新機能Device Stage、「デュアルコアAtom」Eee PCでデモ

Ittousai, @Ittousai_ej
2008年11月7日, 午後12:00 in Eee Pc
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事



WinHECにて、マイクロソフトがWindows 7の新機能「Device Stage」のデモを公開しました。Device StageはWindows 7から導入される新しい周辺機器管理の仕組み。従来は複数の機能を備えた周辺機器を接続するとWindows上ではたとえば「リムーバブルディスク」と「スキャナ」や「プリンタ」など複数のデバイスとして扱われていましたが、Device Stageではひとつの画面で周辺機器の状態や実行できるタスクの一覧にアクセスできます。たとえば携帯電話なら電話帳の同期や写真の転送、着信メロディの管理、さらにはメーカーのサポートチャットへの接続まで。Device Stageに賛同しているメーカーとして挙げられたのはブラザー、エプソン、HP、モトローラ、ニコン、サンディスク、キヤノン、ソニー、ノキアなど。

ステージではDevice Stageのデモとしてデジタルカメラの接続が実演されましたが、いわゆるネットブックでも満足に動くWindows 7の軽快さをアピールするためPCにはEee PCが使われています。面白いのは日本でも発表されたばかりのEee PC S101にみえるノートを掲げて、 「1GB RAM、16GB SSD、1.6GHz動作のデュアルコア Atomプロセッサ」と紹介していること。

S101あるいはEee PC上位機種へのデュアルコアAtom搭載はかなり前から語られており、インテルがモバイル向けバージョンの出荷を遅らせたため登場は来年と説明されていますが、マイクロソフトがはっきりと「デュアルコアAtomプロセッサ」と公言した以上、少なくともプロトタイプは存在しているようです(HTで論理2コアという落ちがもっともありそうな気はしますが)。ステージの様子は続きに掲載した3分ほどの動画クリップをどうぞ。全体の詳しい内容はPC Watch 山田祥平さんの基調講演リポートへ。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents