Sponsored Contents

ASRockの最新記事

Image credit:
Save

Windows Vistaを4秒で起動するASRock Instant Boot

Ittousai, @Ittousai_ej
2008年11月15日, 午前03:25 in Asrock
1シェア
0
1
0
0

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


マザーボードメーカーのASRockが、Windows XP / Vistaを「4秒で起動」させると謳う機能 Instant Bootのデモを公開しています。一部のASRock製マザーボードにBIOSアップデートで提供される Instant Boot は、ユーザーがスタンバイや休止ではなくシャットダウンを選択してシステムを落としたあとでも、次に電源ボタンを押してから数秒でシステムが起動するという技術。ASRockによる演技過剰なデモに4分ほどつきあう気のある寛大なかたはとりあえず続きに掲載した動画をごらんください。



さて、動画ではたしかに電源ボタンを押して4秒でデスクトップ画面が表示されていますが、Instant Boot設定画面に「Fast Mode (AC電源をつないだままにしてください)」と「Regular Mode」があることからなんとなく推測できるように、「起動」といっても実際にはACPIのS3 (メモリにだけ給電してファンも止まるスタンバイモード)またはS4 (ハードディスクに退避するいわゆる休止、ハイバネーション)からの復帰をおこなっています。

では「シャットダウン後に」4秒起動が嘘かといえばかならずしもそうではなく、ASRockのインスタント・ブートはユーザーが通常のシャットダウンを選択した際にシステムが自動的に再起動、ブート直後の状態でS3またはS4に入るという動作のようです。つまり終了処理に次回起動までを含めることにより、ユーザーの体感的にはスタンバイまたは休止からの復帰とおなじ速度で起動してみえるという仕掛け。(※レギュラーモードはHDDではなくM/B上のフラッシュメモリに退避しているという説明もみかけるものの、ASRockの解説ページにはフラッシュメモリについて言及がなく、復帰時間も比較対象のS4とおなじ20 ~ 22秒。)

高速起動といっても作業中に再起動を要求されたような場合の待ち時間はさっぱり改善しませんが、次にPCを使うまである程度の間があるときならば、通常のスタンバイや休止と違ってクリーンな再起動直後の状態に素早く戻るという点で気が利いているといえなくもありません。(「再起動後に自動でS3またはS4に入る」スクリプトは普通に書ける気もしますが)。なおASRockのInstant Boot機能はWindows XPまたはVistaのみ、シングルユーザーかつ起動パスワードを設定していない場合だけご利用いただけます。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: ASRock
1シェア
0
1
0
0

Sponsored Contents