Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

USB接続&バスパワー駆動の7型サブディスプレイ Nanovision MIMO

Ittousai, @Ittousai_ej
2008年12月9日, 午後04:29 in Hanwha-Japan
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


ハンファ・ジャパンから、USB接続のサブディスプレイ UM-710 / UM-730が発売されます。センチュリーが販売していた4.3型 USBサブディスプレイ plus oneの7インチ版といった製品で、電源もUSBバスパワーで駆動するためケーブル一本で小さなディスプレイの増設が可能です。解像度は800 x 480のWVGA。UM-730はさらに130万画素のウェブカメラとマイクを搭載します(ただしマイクはUSBオーディオではなく、PCのマイク入力に接続する必要あり)。

710 / 730ともスタンドが付属しており、ピボット(90度回転)・チルト・無段階の高さ調節ができるようになっています。スタンドから外しての使用も可能。ドライバは32bit版のWindows Vista SP1以降またはXP SP3以降に対応しています。Nanovision MIMOシリーズの名称で販売されている海外ではタッチスクリーンモデルの750があったり、Mac用のDisplayLink ドライバも付属しているようです。出荷は12月26日、価格は710が1万6800円、7303が1万9800円。
Read - UM-710
Read - UM-730






CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: hanwha-japan, mimo, nanovision, um-710, um-730
0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents