Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

Seagateの主力ハードディスク Barracuda 7200.11に致命的な不具合

Takashi Yamazoe
2009年1月18日, 午後09:02 in 7200.11
9シェア
0
5
0
4

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View


HDD大手シーゲイトの主力製品Barracuda 7200.11に不具合が見つかりました。Seagateの公式フォーラムにある不具合報告とSeagateとのやりとりによると、症状は起動ドライブとして使用不可能になるほか、場合によってはアクセス不能になり、BIOSから認識もできなくなるというもの。すべての場合について確認されたわけではありませんが、アクセス不能になった場合でもHDD内のデータそのものはまだ生きている様子です。不具合の発生条件は現時点では特定されていません。

問題の可能性があるBarracuda 7200.11はかなり広範囲のロットに及ぶもののすべての個体で発生するわけではないらしく、該当するシリアルナンバーをチェックするサイトが公開されています。Seagateは現在トラブル回避・復旧用のFirmwareを準備しており、近日中に公開する予定です。

Seagateによると2009年製造分から不具合が修正されているらしいのですが、現在流通しているHDDはほとんどが不具合に該当する型番となっています。HDDの換装や組み込みにSeagateを選ぶ際には当面の間、シリアルナンバーを意識したほうが良さそうです。

Read - Seagate Searial Checker
Read - Seagate Knowledge Base(LanguageをEnglishにすると読めます。)
9シェア
0
5
0
4

Sponsored Contents