Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

吹き出しアイコン型スピーカー Speak-er

Ittousai, @Ittousai_ej
2009年2月1日, 午後02:05 in The
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


喋るものだから「Speak - er 」という、名が体を表すデザインのスピーカー。メタファもなにもない直球デザインはデリートキー型消しゴムTersumusやらフォルダアイコン型USBメモリFolderixでおなじみロシア Art Lebedev Studioを思い出させるものの、こちらはデザイナー大内美穂子とシャーウッド・フォーリーのユニット 「the.」の製品です。(Art. Lebedevのスピーカーは「スピーカー型」のSonicum)。

仕様はフキダシひとつにつき出力 6Wのフルレンジドライバ x1 (S/N比 >70dB、入力インピーダンス>5kΩ)。サイズは幅 15cm x 高さ10cm x 奥行き5cm、素材は光沢ABS樹脂+マットブラックのスチール製グリル。重量は意外と重い2kg。電源にはACアダプタが付属します。

価格は左右2台セットでUS$120、「2009年出荷予定」。音響的にはさておき、自立した状態で傾いているのが気になるデザインです。ほかのthe. プロダクトはたとえばカビ模様がプリントしてある防犯ジップロックバッグ「Anti-Theft Lunch Bags」など。

[Via Pocket-lint]




CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: the
0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents