Sponsored Contents

10 dollar laptopの最新記事

Image credit:
Save

インドの20ドルPC、名前は「Sakshat」

Haruka Ueda
2009年2月4日, 午後12:33 in 10 Dollar Laptop
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

小彩 楓, 4月6日
View


インドの「500ルピーPC」(Rs500)こと「10ドルPC」、あらため「20ドルPC」、通称「例のあやしいやつ」が本日発表になります。ガーディアン紙によると、スペックは2GBストレージ、WiFiとEthernet、消費電力は2ワットと既報のとおり。画面サイズなどはいぜん不明のまま。わずかな新情報は、名前が「Sakshat」になったこと。Sakshatの意味は「あなたの目の前に」だそうで、見事に名が体を表していません。

インドは約5億人が25歳以下という若い国ですが、大学進学率は11%。その倍の進学率を誇る中国に比べてPC / ネット環境の遅れが課題となっています。Sakshatは教育用PCとして、18000のカレッジと400の大学を対象とした政府のe-learningプログラムで用いられる予定。多くの出版社が教科書データを提供することで合意しています。

気になる安さの秘密は関係者いわく「学生や研究者を働かせているから」。急に同情したくなる話です。2007年時点の設計では47ドルPCだったが、改良によりこの値段に辿り着いたという情報も明らかになっています。その改良が知りたいんじゃ、という願いはいつ叶えられるのでしょうか。同紙では「計算機に毛が生えたようなものじゃないか」という微笑ましいコメントや、「Windowsはたぶん動かない」という識者の心温まるコメントも紹介されています。




CAREERS TechCrunch Japan
連載:話題の企業タイミーのデータアナリティクスマネージャーに聞くスタートアップへの転職


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。
関連キーワード: 10 dollar laptop, 10DollarLaptop, india, sakshat
0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents