Sponsored Contents

pspの最新記事

Image credit:
Save

ソニーPSP、世界累計 5000万台を達成

Ittousai, @Ittousai_ej
2009年2月13日, 午後03:32 in Psp
1シェア
0
0
0
1

連載

注目記事

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

小彩 楓, 4月6日
View


ソニー・コンピュータエンタテインメントの発表によると、PSPの世界累計売上が2009年1月末で5000万台を達成しました。2004年12月12日の初代PSP発売からは約4年。ほぼ同時期に発売された任天堂 DSが昨年12月末の時点で9622万台、出荷予定からしてまもなく1億台を達成する見込みであることに比べれば約半分ではあるものの、少なくともハードウェアの台数で見れば、「一強と問題外」の関係ではなく有力な2番手の地位を確立していることがあらためて実感できる数字です。

PSPを含むプレイステーション・ビジネスに目を向ければ、直近の08年度Q3 売上高は前年同期比 32%減の3938億円、利益は97%減の「4」億円(389百万円)。減益の要因として挙げられているのは為替の影響のほか、「PS2およびPSPのハードウェア / ソフトウェアの売上が減少したこと」。もっともPSPの年間販売台数見通しは1500万台のまま変更されておらず(実際には途中で100万台上下して±0)、当初見通しのままという意味で順調です。

ユーザーからみれば、PSPは画面や処理能力を活かしたゲームはもちろん、DSiではじめて内蔵ストレージを標準搭載した「ライバル」と違い、初代からすべてのモデルがストレージ(メモリースティックスロット)を備えていること、すなわち発売四年後のいまもソフトウェアの更新を通じて本体機能を絶えず改良・追加してゆくことができ、PlayStation Networkのようなオンラインサービスの端末としての可能性も持っている点が大きな魅力。累計5000万台を迎えて、「次のモンハン」(望ましくは日本以外でも売れるタイトル)、あるいはまったく新しいコンテンツやサービスを受け入れる土壌は十分に整ったといえるのではないでしょうか。




CAREERS TechCrunch Japan
連載:話題の企業タイミーのデータアナリティクスマネージャーに聞くスタートアップへの転職


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。
関連キーワード: psp, sce, sony
1シェア
0
0
0
1

Sponsored Contents