Sponsored Contents

diyの最新記事

Image credit:
Save

自分の義手を自作したオーストラリア人男性

Haruka Ueda
2009年2月16日, 午前07:00 in Diy
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


DARPA出資・セグウェイのDean Kamen氏開発の「ルーク」などハイテクロボット義手については何度かお伝えしてきましたが、こちらは自分の義手を自分で作ったオーストラリア人のMark Lesekさん、52歳。豪The Mercury紙によると、Lesekさんは五年前に自動車事故で腕を失い、しかもあまりに大きく失ったために医者からはどの義手も合わないと診断されました。諦めきれずメルボルンに飛んで$80000のドイツ製義手を試したものの、やはりだめ。

そんな時にテレビで骨にボルトを埋め込む手法を知りますが、オーストラリアの医者にはそのような手術はできないと断わられます。それでも諦めなかったLesekさんはスウェーデンへ向かい、同分野のパイオニアと合流。二度の手術ののちボルトと義手を取りとりつけることに成功します。最後までぴったりのものがなかったという義手は、最終的には溶接業という職を生かして自作。腕を動かしたり、方向を指し示したりできるようになりました。現在は脳波で動かせる義手をタスマニア大学と開発中とのこと。自分に合うものがないから自分で作った、を地でゆくあっぱれなDIY精神です。




CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: diy, prosthetics, robotic arm, RoboticArm
0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents