Sponsored Contents

dellの最新記事

Image credit:
Save

デル、Psionの「Netbook」商標無効を申し立て

Ittousai, @Ittousai_ej
2009年2月20日, 午後12:40 in Dell
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

人気記事

ティム・クックCEO、MacとiPadの統合は「一部のユーザーがこだわっているだけ」と否定的なコメント

ティム・クックCEO、MacとiPadの統合は「一部のユーザーがこだわっているだけ」と否定的なコメント

Kiyoshi Tane, 12 時間前
View



英Psion Teklogixの「Netbook」商標騒ぎに進展がありました。90年代の終わりに法人向けラップトップの製品名として「netBook」を登録していたPsionが、低価格ミニノートの名称としてネットブックが普及した今になってメーカー、小売店、広告付き個人Blogなどに対して無断使用の警告を送りはじめたという話でしたが、「Netbook」大手のデルが米国の特許商標局に対して商標の無効を訴える申し立てをおこなっています。

デル側の主張は、簡単にまとめれば:
  1. Psion Teklogixはすでに該当製品の扱いを終了しており、また商標を再び本来の目的で使う意図を持っていない(Abandonment)。
  2. Psion Teklogixは2006年に商標の再確認にあたる手続き(登録から5年間物言いが付かなかったから確かにわれわれのもの、という確認)をした際、すでに扱いを終了している「netBook」製品をまだ販売中であるかのように虚偽の申告をおこなった。
  3. 「Netbook」の語はすでに多数のメーカーや小売店、消費者から一社の特定の製品ではなくカテゴリとして使われており、一般化している。(Genericness)。

よって、いまさらPsion Teklogix側が独占権を主張するのは不適当であり、商標は取り消されるべきである、というもの。そもそもPsion Teklogixの主張が通るかどうかは疑問視されていましたが、説得力のある反論ができずデルの申し立てが通れば商標そのものが「なかったこと」になります。「Netbook」販売店への広告リンクを張った個人サイトも「当社の所有する商標から直接の経済的利益を得ている」と見なして法的手段対象に含むと息巻いていたPsion Teklogix側がどういった対応を取るかは不明。どこかのODMと独占ライセンスを結ぶ見返りに適当なネットブックを提供してもらって自社ブランドで売れば反撃できるんじゃないでしょうか。

[Via thegadgetsite]
関連キーワード: dell, netbook, psion teklogix, PsionTeklogix
0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents