Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

SanDiskからスタイリッシュな高速カードリーダーImageMate オールインワン

Ittousai, @Ittousai_ej
2009年2月26日, 午後03:26 in Imagemate
2シェア
0
1
0
1

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


サンディスクのメモリカードリーダーImageMateシリーズにスタイリッシュな新製品 2モデルが加わりました。SDHCで最大30MB/sという高速転送に加えて、モノリス風あるいは薄型PS2風のスリムな本体と着脱可能な金属製の三本脚という無闇にスタイリッシュなデザインが特徴です。

左の大きい方は複数スロットを備えた「ImageMate オールインワン」(SDDR-189-J20)。対応フォーマットはCF、SD系、MMC系、メモリースティック系、およびxD系。microSDにもアダプタなしで対応します。サンディスクの高速CFカードExtreme IV 45MB/sを使用した際の最大転送速度は34MB/s。右の小さい方は「ImageMate 30MB/s Edition SDHC対応USB2.0リーダー/ライター」(SDDR-199-J20)。こちらはSD系、MMC系、MS系、xD系対応。SDHCの最大転送速度は30MB/s。

両機種共通の仕様として本体上面に転送ボタンを備えており、専用のアプリケーションと連携することで任意アプリケーションの起動(たとえばカードのバックアップや写真の転送)、共有サイトのオープンなどが可能です。またマルチカードリーダ / ライタ製品はPC上でやたらとリムーバブルドライブの表示が増えたり、どのスロットがどのカードなのか・使用中なのか分からなくなることがありますが、ImageMateのドライブレターアプリケーションを使えば使用中のドライブ / スロットのみを、カードの種類に応じたアイコンで表示することが可能 (専用アプリはいずれもWindows 2000 / XP / Vista対応)。

店頭価格はオールインワンが3500円前後、小さい方が2500円くらい。すでに出荷中。




CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: imagemate, sandisk
2シェア
0
1
0
1

Sponsored Contents