Sponsored Contents

amazonの最新記事

Image credit:
Save

Amazon.com、Xbox LIVEアーケードのコード販売を開始

Ittousai, @Ittousai_ej
2009年4月10日, 午後12:01 in Amazon
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


米AmazonがXbox LIVE アーケードゲームの取り扱いを開始しました。Xbox LIVE アーケード(XBLA)といえばXbox 360のゲームマーケット画面から直接購入できるダウンロードゲーム群ですが、アマゾンが販売するのはダウンロート用のコード。つまりXBLAゲームを含めた各種ダウンロードコンテンツを購入するための仮想通貨マイクロソフトポイントのプリペイドカードのように、長い英数字のダウンロードコードをあらためてXbox 360側で入力するという流れになります。

価格は通常のマイクロソフトポイントと変わらないため、ゲーム機から直接購入するより特に安くもないのに二度手間がかかる仕組みともいえます。この戦略を始めた理由については、マイクロソフトXbox Live事業GMのChristina DeRosa氏いわく、「(アマゾンは) デジタル流通をより主流にすることに貢献している企業」だから。つまり子供が「ゲームのなんとかサービスに登録するからクレジットカード貸してよ」と頼むより、アマゾンで売っているこれ買ってよ、と頼んだ方が親の財布は緩いだろうという狙いです。

また価格はおなじでもアマゾンのポイントが使える、このアイテムを買った人は~のお薦めがXBLAゲームとほかの製品をまたいで可能になる、Xbox LIVEにプリペイドコードを追加したりクレジットカードからMSポイントを買い足すよりアマゾンでクリックしてしまう方が障壁が低い、ウェブでXBLAゲームを紹介して購入リンクを張れるといった要素も当然考えられます。Xbox 360本体のマーケットプレースもNXEアップデートでいくぶんマシになっては来ましたが、コントローラでメニューを辿るよりマウスでブラウズするほうが楽という向きには便利なサービスです。次はマルチプレイ用のライセンスまとめ買い割引をお願いします。

追記:そういえば ウェブ版のマーケットプレースもありました(昨年のNXEの予告記事)。マイクロソフトの純正よりアマゾンでブラウズする方が楽という向きには、に訂正させていただきます。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0

Sponsored Contents