Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

ひねる音楽ケータイOndo、ディスプレイ3分割でサンプリング

Haruka Ueda
2009年4月24日, 午後12:20 in Ondo
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事



なにを言っているのかよく分からないタイトルになってしまいましたが、実際なんなのかよく分からない携帯電話が出て来ました。写真にある緑の物体はドイツのデザインスタジオPilotfishによるコンセプトモデル、その名も「Ondo」です。音頭という語がドイツでどれくらいクールに感じられるのかは分かりませんが、名前のとおり音楽機能に注力しています。

まずメインの有機ELディスプレイは縦向きに三つへ分解し、ひとつづつ取り外しが可能になっています。個々のディスプレイはマイクとフラッシュメモリを内蔵しており、楽器などに取り付けて演奏を録音できるほか、MMSを利用して遠隔地とのジャムセッションも可能。なにを言っているか分からないという方は、ギャラリー内の解説写真で確認してみて下さい。

また音楽再生時には、サムスンのBeat DJのようにタッチパネル操作によるスクラッチが可能なほか、写真のように横持ちして曲げたり捻ったりすることでエフェクトをかけることもできます。やっぱりなにを言っているか分からないという方は、続きに掲載した動画をどうぞ。

コンセプトモデルだけあってやりたい放題の作りですが、本当にこんなインタフェースが登場したら、盛り上がりに盛り上がって携帯を捻り切ってしまう様子が目に浮かびます。肝心の携帯電話としての性能はほとんど謎。実際に販売されるかは未定です。

Gallery: Pilotfish's Ondo music editing mobile concept | 6 Photos

6





情報提供について
Engadget 日本版へのスクープ等の情報提供を希望される方は、こちらのフォームよりお知らせ下さい。内容を確認し、場合によっては編集部よりご連絡差し上げます。

広告掲載のお問い合わせ
広告についてのお問い合わせは、こちらのページをご覧ください。

関連キーワード: ondo, pilotfish
0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents