Sponsored Contents

hdmiの最新記事

Image credit:
Save

HDMI 1.4、IPデータ通信や双方向の音声送信をサポートへ

Haruka Ueda
2009年5月15日, 午後03:15 in Hdmi
4シェア
0
0
0
4

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


HDMIの新バージョン、HDMI 1.4は今年1月にHDMI Licensingから大枠が発表されていますが、さらに詳細な情報をPCMagほかが伝えています。しかしまだHDMI Licensingに公認されていない仕様だったようで、記事はさっそく削除されています。というわけで既知の情報と今回の未確認情報をあわせてHDMI 1.4をまとめてみます。

一番の目玉機能は、イーサネット規格のデータ通信サポート。名称はHDMI Ethernet Channel(HEC)となる模様です。たとえば現在はネットワーク対応のテレビとゲーム機、レコーダーがあればそれぞれにLANケーブルを繋ぐ必要がありましたが、HDMI 1.4ではテレビをインターネットに接続しておけば、そこからHDMI一本で繋がったゲーム機もネットへ繋がります。通信速度は100Mbps。残念ながら利用には新しいケーブルが必要とのこと。

さらに、映像とは反対方向での音声信号の送信が可能となる予定。たとえばAVアンプから映像をテレビへ送りつつ、テレビの音声をアンプで受けることが可能です。名前はAudio Return Channel(ARC)。音声フォーマットはDolby Digital、DTS HD Master AudioやDolby TrueHDには未対応とされていますが、正式に確定しているわけではありません。

そのほか1月時点では、解像度が最大4096x2160 / 30fpsまで向上すると発表ずみ。加えて今回の未確認情報では、映像に応じてテレビの画質設定を自動で最適化する機能の追加、デジタルカメラの画像をテレビで最適な画質に表示する色空間の追加、これまでと同じケーブルながら端子だけが小型化したマイクロHDMIの記載もありました。

細かい機能はさておき、テレビ裏で混線するLANケーブル、音声ケーブルなどが一つでも減るのは嬉しいかぎり(※ただし対応機器への買い替えが必要)。HDMI 1.4のチップサンプルは今年の第二四半期に出荷予定、製品化は2010年の見込みです。

Read - 削除されたPCMagの記事(のコピー)
Read - HDMI Licensingの1月時点の発表




CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: hdmi, hdmi 1.4, Hdmi1.4
4シェア
0
0
0
4

Sponsored Contents