Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

ユニボディ MacBook Proでも発火事故

Ittousai, @Ittousai_ej
2009年5月21日, 午後03:32 in Apple
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

バッテリーリコール騒動のころは毎日のように報道されていたノートPCの発火事故も最近はあまり聞かなくなりましたが、ひさびさにショッキングな黒こげノート画像が出てきました。写真はKen Brinkman氏のユニボディ MacBook Pro 15インチ。本人いわく、夜12時頃にTime Capsuleへのフルバックアップを仕掛けて就寝したところ、1時30ごろプラスチックの燃える異臭で覚醒。あわてて確認すると、キーボード付近やボディと底面のあいだ・側面のポートから灰色の煙が噴き出し緑色の炎が見えたとのこと。

MacBook Proの下にあった写真ではこんがり焼けたMagsafeコネクタが写っていますが、本人の推測によれば発火はMagsafeではなく本体が原因。前日にサポートからロジックボードとファンを交換して帰ってきたばかりらしく、修理の過程でなにか問題があったのかもしれません。被害はノート本体と下に置いてあったフォルダ、電源を外そうとした手の火傷。当然ながら本体まるごと交換になったとのことですが、この個体に原因がある偶発的な事故なのか否かは不明。とりあえず「ノートPCは燃えるもの」を思い出させてくれる写真です。






CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: apple, macbook pro, MacbookPro
0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents