Sponsored Contents

augmented realityの最新記事

Image credit:
Save

動画:ARブラウザ Layar 実機デモ&インタビュー

Ittousai, @Ittousai_ej
2009年6月19日, 午後12:32 in Augmented Reality
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

モバイル「ARブラウザ」Layarについてはすでに公式のプロモ動画をご紹介しましたが、今回は実機によるデモの様子とSRPXMobile社 Maarten Lens-FitzGerald氏のインタビュー動画をお届けします。聞き手は偶然SPRXMobileのご近所に住んでいる EngadgetのThomas。Android携帯 G1や動画中でも使われているMagicはもともとGPSと電子コンパスを備えており、携帯の向きと連動するストリートビューも標準で搭載しています。Layarはストリートビューのかわりにカメラで捉えたリアルタイム映像にGPSとコンパスを元にした情報を「重ねて」表示するアプリです。(インタビュー中のMaartenいわく「現実をブラウズするブラウザ」)。

プロモ動画では町並みを一望できるような場所で使った場合が示されていましたが、今回のデモはお話を聞いた居間で、画面にも当然ながら部屋の中しか映らない状態。ですが、もともと現在位置と向きから情報をオーバーレイしているため、たとえば銀行レイヤー(ATMの位置)であれば向けている方角にあるATMが一覧される仕組みです。アイコンは近距離が手前の大きな丸、遠いものはその奥に小さく。フォーカスのあたっているものは色が変わり、画面下の情報エリアに距離や住所などが表示されます。情報エリアを長押しすれば直接そのサービスに電話したり、あるいはスボット情報(カフェやクラブetc)ならそこからSNSのレビューが参照できるなど。インタビュー中に操作しているスライダーは現在地からの距離で絞り込むフィルタ。

ATMの位置やスポット情報であれば2Dの地図に重ねる既存のサービスと見せ方が多少異なるといった程度ですが、たとえばオランダ国内でもこれから提供されるというFunda (不動産)レイヤーなどでは実際の目の前の町並みから物件を参照できるという強みがあり、レイヤーの種類と充実度によっては地図アプリ・位置情報アプリのひとつとして可能性が感じられます。SRPXMobile社いわく、本国オランダのほか米国・ドイツ・英国でも地元の情報プロバイダと提携のもと年内にサービスを開始するとのこと。電子コンパス内蔵になったiPhone 3G S用アプリもリリースされる予定です。



広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents