Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

ソニー、タッチVAIOをWindows 7と同時投入、PSNもサポートへ

Ittousai, @Ittousai_ej
2009年7月24日, 午後12:06 in Mike Abary
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事



Windows 7のRTM(完成)を受けて、「M」各社では10月22日にあわせた新製品・新モデルの開発がいよいよ大詰めに近づく時期になりました。というわけでリンク先 Laptop Magでは、米ソニーのITプロダクトグループSVP Mike Abary氏のインタビューを掲載しています。Abary氏は VAIO Wよりも今年1月のVAIO type P発表よりも以前、昨年秋にソニーのネットブック参入を語っていた人物です。ハイライトを2つ要約すると:

年内にタッチスクリーンのノートを発売する予定は?
Windows 7のネイティブサポート機能を製品に採用することはたしか。詳しくはいえないが、Windows 7のタッチサポートは魅力的な機能だと考えており、Windows 7の発売と同時にいくつかの製品にタッチを導入する。VAIO製品には、Windows 7の新機能を活かしたタッチ対応が導入されるだろう。

(ソニーの機構改革の結果として) では2009年末商戦には、タッチスクリーンのWindows 7 VAIOで、PlayStation Network や 電子ブックストアにアクセスできるようになる?
(笑って) すでに発表されているWindows 7のタッチ機能を取り入れたVAIO製品はいくつか登場する。また、グループ間のコラボレーションももっと多くなる。

といったところ。いわゆるコンバーチブル型のタブレットノートなのかまったく別の製品なのか、タッチパッドのマルチタッチ対応が進化するのかといった詳細は分からないものの、VAIO productsという表現および「Windows 7で」ネイティブサポートのタッチ機能を活かすということばから、タッチスクリーンのVAIOを含む新製品群が登場することに期待できそうです。

またPSNのゲーム機以外のへの拡大については、北米で先行している映画やTV番組コンテンツ配信がPCでも利用できるというもの。ゲームについてはカジュアルゲームなら可能性があるだろう、くらい。要するにソニーグループ空前の危機を逆手にとってソニーユナイテッドを断行、失敗したConnectの夢をPSNで今度こそ実現したい、映像・音楽・ゲーム・電子ブックを取りそろえた汎デバイスのプラットフォームでアップルiTunesに追いつき追い越せという規定路線の話です。

続きはNVIDIA IonやCULV、Smartbookといった技術について一問一答。リンク先の全文ではさらに多くの話題に答えています。ある意味VAIO新製品やPSNよりもっと興味深いのは、ネットブックのVAIO Wが競合製品より100ドル割高である理由や短いバッテリー駆動時間などを激しく追求され、「ネットブックに限らず、たしかにソニー製品は全般に価格競争力に問題があった。市場環境の変化を踏まえて今後はもっと競争力のある価格帯にしたい」と率直に答えた部分かもしれません。


NVIDIA Ionはどう?
興味深い。NVIDIAはパートナーでありロードマップのすべてを認識している。(しかし) ネットブックは一般のノートがすでに実現したことを一度後退してからまたやり直しているかのようだ。

インテルのULV (CULV) ブッシュについて
技術が登場したからといって成功するとは限らない。ソニーの狙いは実際のモバイルユースに向けたモバイルノートを提供することであり、そうしたユーザーはより充実した製品を求めていると認識していた。だが経済状況をはじめ急速なパラダイムシフトがおきた。従来の製品が存続できないというわけではないが、変化は受け入れなければならない。もっと求めやすい価格帯のソリューションを求めるモバイルプロフェッショナルユーザーも重視してゆく。

Smartbookについて
ノート(クラムシェル)型をしていればノートPCだと思われる。呼び方がなんだろうと、ユーザーはネットブックやノートPCとおなじことができると期待する。「スマートブック」がなんだか知らないが、ノートとおなじ体験ができなければ売れない。(...) クラムシェル型のデバイスについては、ソニーは変わらずフル機能のノートPC体験を提供してゆく。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents