Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

超高速撮影カメラ Phantom Miro eX、最大100000fpsに対応

Haruka Ueda
2009年8月18日, 午後12:41 in Phantom Micro Ex
1シェア
0
1
0
0

連載

注目記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 19 時間前
View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View

人気記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 19 時間前
View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View


なにかやってくれそうな独特の筐体を持ったこのカメラは、Vision Research社のPhantom Miro eXシリーズ。高速撮影機能を備えており、640 x 480解像度で500fpsから1200fps以上での動画撮影が可能です。上位機種では800x600解像度にも対応。また、解像度を落とすことで最高100000fpsまで引き上げることもできます。30fpsの動画に変換したばあい、1秒を見るのに1時間近くかかるという計算。いったいなにを撮影すれば良いのでしょうか。露出時間は最速2マイクロ秒(1秒の50万分の1)。実行感度はモノクロでISO4800、カラーでISO1200。動画ファイル形式はQuicktimeかAVI、静止画で保存する場合はJPEGかTIFFです。

そのほかの仕様をまとめると、背面の液晶は3.5型でタッチ対応。映像出力端子が付いており、リアルタイムのモニタリングも可能です。本体の重さはレンズ抜きで680g。そのレンズにはCマウントが利用できるほか、Fマウント用アダプタにも対応。内蔵メモリはモデルにより1GBから。対応メディアはコンパクトフラッシュ。

現在はエントリーモデルのex1のみ同社サイトで注文可能という状態。ただしエントリーモデルとはいえ、価格は$9900から。特殊な用途のない方は、猛SPEED EXILIMが登場する日を待ったほうが良さそうです。

[Via PhotographyBLOG]
1シェア
0
1
0
0

Sponsored Contents