Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

ジョブズはタブレット端末に集中、WSJ報道

Haruka Ueda
2009年8月25日, 午後02:35 in Apple
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

Netflix「ライバルはフォートナイト。すでに負けている」と発言。TV画面の奪い合い激化

Netflix「ライバルはフォートナイト。すでに負けている」と発言。TV画面の奪い合い激化

View

アップルが開発していることになっているタブレット端末の情報を、経済誌バロンズに続いて今度はWall Street Journalが報じています。以下「情報筋によると」を省略して記事の内容をまとめると、
  • ジョブズは復帰後、タブレット端末にほぼ集中して取り組んでいる。
  • ジョブズが特に気にしているのは広告とマーケティング戦略。
  • ジョブズ休職中に商品戦略を自由に任されていた人達は、ジョブズ復帰に伴う見直しに苦しんでいる。
  • 2000年にアップルがはじめてタブレット関連特許を出願後、ジョブズはタブレット端末の開発を二度やり直させている。最初はバッテリー時間が短かったから、次はメモリが不十分だったから。
といったところ。なんだかタブレット端末の話というよりは「最近のジョブズ」みたいな話になっています。価格は? 性能は? といった当然あるべき疑問に対してはアナリストによる「高いと売れないだろう」といったするどい洞察が掲載されるのみ。もっとも記事の内容とジョブズの能力を信じるならば、素晴らしい広告をひっさげて長時間バッテリー & 大容量メモリ & 従業員の遺恨を盛り込んだ端末が登場するのは時間の問題のはずです。

ちなみに記者が当のジョブズに問い合わせたところ、メールで「ほとんど間違っている」という回答があったとのこと。どう問い合わせたのか分からないので何が間違っているのかも分かりませんが、バッテリーとメモリの不十分なタブレット端末がしょぼい広告と共に登場するということでしょうか。ともあれジョブズがジーンズの背面からタブレット端末を取り出すわずかな可能性を夢見て、まずは9月9日を待ちましょう。

関連キーワード: apple, jobs
0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents