Sponsored Contents

amazonの最新記事

Image credit:
Save

Kindleの書籍データ削除問題、アマゾンが全面謝罪、復元を約束

Haruka Ueda
2009年9月7日, 午後06:24 in Amazon
36シェア
0
33
0
3

連載

注目記事



Kindle用に販売されていたジョージ・オーウェルの「1984年」や「動物農場」で著作権侵害のおそれがあり、アマゾンが勝手に購入者の本をリモート削除した問題で、アマゾン側が新しい解決策を提示しています。これまでも同社は謝罪や購入代金の返還を行ってきましたが、今回は購入した書籍データを復元する、あるいは書籍データを消すかわりに$30分のクーポンか小切手を支払う、というより歩み寄りを見せた対応になっています。

書籍に書き残したメモまで消えたと裁判沙汰にまでなった本問題ですが、今回データ復元を選択した場合はちゃんとそうしたメモまで戻ってくるとのこと。サーバー側バックアップの利点とリスクといったところです。そもそもなぜ「1984年」が著作権侵害になるのかという背景については過去記事を参照。ある出版社のバージョンが問題になっただけで、他出版社の「1984年」は今も販売中です。オーウェルの本が一切Kindleで読めないというわけではありません。

解決策の案内原文は続きに掲載。案内の冒頭で「我々の解決策は愚かで軽率で、我々の原則をひどく踏み外したものだった」と謝罪しているのは他でもないアマゾンCEOのJeff Bezosです。電子出版の盛り上がりを考えると今後もこうしたミスが起こる可能性はあり、この$30というのは「個人情報流出=500円」と同じようなスタンダードになるかもしれません。

[Thanks, Paul]



関連キーワード: amazon, kindle
36シェア
0
33
0
3

Sponsored Contents