Sponsored Contents

amazonの最新記事

Image credit:
Save

Kindleのリモート書籍削除はもうやらない(※ただし4種の例外あり)

Haruka Ueda
2009年10月2日, 午後02:45 in Amazon
5シェア
0
5
0
0

連載

注目記事


Kindleで購入した書籍を米アマゾンがユーザーに無断でリモート削除した事件は、高校生から訴えられるなど反発と議論を呼び、アマゾンが全面謝罪とデータ復旧を行うという結末になりました。件の裁判も同社が15万ドルを支払うことで和解。担当弁護士は事前に表明していたとおり賠償金の一部を慈善団体に寄付するとのことです。めでたしめでたし。

さて、それでは今後同じようなことがあった場合はどうするのか。同社CEOのJeff Bezos氏による謝罪文では「このつらい失敗で得た傷から、より正しい決定が行えるよう学ぶつもりである」とありましたが、裁判の和解文ではより具体的に今後の方針が書かれています。いわく「米国内で端末から購入され、利用されているコンテンツについて、アマゾンはリモートから削除も変更も行わない」。なるほど、簡潔です。ただしまだ終わりではありません。続きには「ただし、以下の場合をのぞく」と4種の例外が記されています。
  • ユーザが削除や変更に同意したとき
  • ユーザが払い戻しを請求したり、支払いができなかったとき(クレジットカード会社が支払いを拒否したときなど)
  • 裁判所、あるいは監督機関が削除や変更を要求したとき
  • 利用者、端末、端末が利用するネットワークを守るために削除や変更が合理的に求められるとき(端末内に悪意のあるコードがダウンロードされたときなど)
そもそも問題のリモート削除事件は、ある出版社の手ちがいから著作権侵害となる書籍がKindle上で購入できることを、別の出版社が発見して裁判を起こしたことから始まりました。アマゾンのリモート削除はいわば過剰反応でしたが、今後もし同じようなことがあれば裁判所の命令を待ってから削除するという形になります。例えばある種の本の所持が違法になったり、一部の表現が問題と見なされたとき、Kindleであれば一斉に回収したり変更したりできるわけでとっても合理的です。これが「所有」の未来形なのでしょうか。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: amazon, kindle
5シェア
0
5
0
0

Sponsored Contents