Sponsored Contents

amazonの最新記事

Image credit:
Save

Amazonの電子ブックリーダーKindle、日本へ出荷開始&値下げ

Ittousai, @Ittousai_ej
2009年10月23日, 午後03:14 in Amazon
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

小彩 楓, 4月6日
View


Amazon Kindleの「米国&国際ワイヤレス版」が日本を含む世界へ出荷開始となりました。2週間ほど前に国際展開が発表された際は「米国ワイヤレス版」が259ドル、「米国&国際ワイヤレス版」が20ドル高い279ドルに設定されていましたが、アマゾンいわく「大好評に応えて」2モデルを統合、国際版を259ドルで販売することに決定したとのこと。279ドルの時点で注文していた場合もなにもせずに値下げ後の価格が適用されます。

判断の理由が実際にstrong customer demand (だけ)なのか、米国最大のリアル書籍チェーン Barnes & Nobleがカラータッチ液晶と電子インクのハイブリッド電子ブックリーダー Nookを259ドルで投入してきた影響なのかはよく分かりません。

「米国&国際ワイヤレス版」キンドルは日本でも無料で3G WWAN通信が使えますが、アクセス先はKindleストアと一部のウェブサイトに限られています。またそもそも日本語が表示できず、Amazon.comから米ドル建てで英語版の本を買う前提なのはすでにお伝えしたとおり。そもそもモノクロ16階調の読書専用デバイスにどんな存在意義があるのか?(例:無線を切っておけば充電せずに一日中どころか週単位で使えるから) などはタグ Kindleを参照。現行 Kindle (2代目)の6インチより大きい9.7インチ 1200 x 824のKindle DXにも国際版の登場が予定されています。




CAREERS TechCrunch Japan
連載:話題の企業タイミーのデータアナリティクスマネージャーに聞くスタートアップへの転職


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。
関連キーワード: amazon, e ink, ebook, EInk, kindle, nook
0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents