Sponsored Contents

copyrightの最新記事

Image credit:
Save

東芝、私的録画補償金をめぐる提訴に反論「補償金の対象か否か明確でない」

Haruka Ueda
2009年11月11日, 午後06:00 in Copyright
14シェア
0
3
0
11

連載

注目記事

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

4年ぶりの新生Mac mini レビュー。10万円以下で買えるCore i3モデルの実力は?

Brother Hawk, 12月10日
View

権利者団体からの「子供のわがまま」発言から一夜明け、私的録画補償金をめぐるトラブルで提訴されたうえ子供あつかいされた東芝が見解をプレスリリースで発表しました。おもいきり要約すると「やっぱり自分たちのやってることは間違っていないと思う」。

今北産業向けにまとめますと、訴訟を含めた一連のトラブルは「デジタル専用DVDレコーダーでも録画補償金を徴収しなければいけないのか」が争点。著作権のあるデータであっても私的使用を目的とした複製は法律で認められていますが、デジタルメディアの場合はデータが劣化しないので(議論略)メーカーはユーザから補償金を徴収して著作権者へ払おうね、というのが私的録音録画補償金制度です。

プレスリリースをふくめこれまでの東芝の主張は、この制度はとりあえず無限にコピー可能なアナログソースだけが対象じゃね? デジタルソースはまだ議論が終わってなくね? というかダビング10とかコピープロテクトもあるし録画補償金はいらなくね? という内容。一方、アナログソースとかデジタルソースとか関係ないし、コピープロテクトと録画補償金の両立も可能だし、というのが権利者側の主張です。

主張はすれ違ったまま、東芝はもし録画補償金が不要ということになったら購入者に返す方法がないと、アナログチューナー非搭載DVDレコーダーについて補償金徴収 & 著作権者への支払いをボイコット。録画データの補償金を管理している私的録画補償金管理協会(SARVH)が東芝を提訴するに至りました。三行どころか三段でようやくまとまる長い因縁は、ついに法廷へ持ち込まれることとなります。

Read - 東芝のプレスリリース
Read - 「メーカーの主張は子どものわがまま」 SARVHの東芝提訴受け権利者団体が会見 @ IT戦士

関連キーワード: copyright, law, sarvh, toshiba
14シェア
0
3
0
11

Sponsored Contents