Sponsored Contents

gearsの最新記事

Image credit:
Save

Google Gears終了、HTML5移行を推進

Haruka Ueda
2009年12月2日, 午後06:20 in Gears
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

Googleエンジニアリング・ディレクターであるLinus Upson氏が、Google Gears終了を宣言しました。PC Magazineに掲載された同氏のコメントを引用すると(Gearsを)今後、どのような意味でも推進していくつもりはない」。Gearsは2007年に発表されたブラウザ用機能拡張で、ウェブアプリをオフラインでも動作させるための機能を主に備えていました。

幾多のプロジェクトを抱える同社にとってプロジェクト終了は珍しいことではありませんが、なぜGearsを始め、なぜ今やめることにしたのか、
Upson氏が詳しく語ってくれています。いわく、Gearsを作ったのは当時のブラウザベンダーがウェブアプリのオフライン動作に興味を持っていなかったから。しかしGears登場以降、ブラウザベンダーもオフラインアプリの動作に強い関心を示すようになった。Gearsの目標はちゃんと達成された。アプリのキャッシュ、データベースといったGearsの主要機能はHTML5に引き継がれており、今後はHTML5の推進に注力していきたい......とのこと。自社製ブラウザGoogle Chromeもありますので、機能拡張にすぎないGearsではなく、標準仕様であるHTML5を広めたいという考えです。

Gearsのメンテナンスは継続され、いまあるアプリケーションは今後も動作します。ちなみにUpson氏はChrome BrowserとChrome OSの責任者。Mac OS X版Google Chromeは予定どおり年内にリリースするともコメントしています。


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0

Sponsored Contents