Sponsored Contents

bookの最新記事

Image credit:
Save

米大手出版社、電子ブックの発売を紙の書籍から一月以上遅らせる

Haruka Ueda
2009年12月14日, 午後03:50 in Book
2シェア
0
2
0
0

連載

注目記事


Kindleを筆頭に米国では電子ブック市場がようやく盛り上がりを見せ始めていますが、どこかがうまくいくとどこかに皺寄せが生まれるのがビジネスというものです。Wall Street Journalの報道によれば、News Corp傘下の大手出版社 HarperCollinsが来年早々から毎月5~10冊程度、電子ブックの発売日を紙の書籍の発売日から遅らせる計画を明らかにました。発売日の遅れは本によって異なり、4週間から6週間程度の予定。つまりKindleユーザたちは一部の(≒人気の)電子ブックに対し、文庫落ちならぬデジタル落ちを一月以上待たなければいけません。

同社のチーフ・エクゼクティブである Brian Murray氏は、電子ブックには潜在的な市場があると認めつつ、一冊9.99ドルという価格が今後も続けば出版社は新しい書き手に機会を与えられなくなり、結果的には読者の選択肢が狭まることになると主張しています。収益拡大を狙って電子ブックの発売を遅らせるという「デジタルディレイ」作戦はすでに実施されており、例えば今年のベストセラーのひとつであるサラ・ペイリン(元副大統領候補)著 "Going Rogue"もまだ電子ブック版は発売されていません。ちなみにハードカバーでは28.99ドル、Amazonで予約受付中のKindle版は7.99ドル。

こうした動きはHarperCollins社に限ったものではありません。例えばCBS傘下のCimon & Schuster社は来年4月までに出版する35冊について、電子ブックを4ヶ月遅らせて発売する予定です。Hachette Book Groupも多数の電子ブックの発売を3ヶ月から4ヶ月遅らせる計画。なんだか昔iTunesをめぐってアップルとレコード業界がやりあっていたことを思い出さずにはいられない話です。

出版社が本の安売りを避けようとするのは当然でしょうが、電子ブックの販路を狭めるという後ろ向きな作戦がいつまで保つかは、今後の電子ブックの盛り上がり次第でしょうか。ようするにAmazonは取り分多すぎということであれば、Nookなど他の電子ブック端末は出版社向けに「取り分の公平な配分」を提案して新刊を拡充し、読者向けに「Kindleにはない本が読める」と売り込む......といった余地がまだまだありそうです。

[Thanks, Joe]



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: book, books, e-book, e-books, HarperCollins
2シェア
0
2
0
0

Sponsored Contents